NPO法人ぴーすは「子どもの発達が気になるあなた」をサポートします。

NPO法人ぴーす

お問合せお問合せ

ぴーすの児童デイぱんだ


ぴーすの児童デイぱんだとは


どのプログラムも「自分でできる」が目標。
そのための「見て、わかる」「見たら、わかる」を支援しています。


主に百舌鳥支援学校や地域の小中学校の子ども達が活動
・集団で動く活動
・個々に集中して行う活動
・年齢差を活かしての活動


「後輩は、先輩の姿を見て活動の幅を広げる」「先輩は後輩を助ける・譲るなどの経験を積む」など、個々の力を伸ばし、その子の魅力をめいっぱい発揮してもらえるように支援しています。


ぱんだの家での活動内容


個別で取り組むこと・机で取り組む学習やアート
・コンビニへの買い物
・お気に入りのゲーム など
友達と一緒に取り組むこと・散歩
・おやつや昼食クッキング など


活動の様子


子ども達に大人気の「クッキング」の活動。手順書を元に、自分たちで昼食を作っています。
他にも街中での活動を通じて、地域に交わる力を育んでいます。

土曜日の活動内容


土曜日は、将来の生活を豊かにするため、
趣味・余暇を楽しむ力をアップする活動をしています。


生活を豊かにするには、自分で「たのしい!」と思えるもの・時間が必要。そのために、ぴーすは「子どもの頃から『趣味や余暇の力』を育てることが大切」と考えています。そこで実施しているのが、土曜日の活動です。

事業所別に、年齢や課題が分けたグループを構成し 幼児期は「いろんな趣味活動を体験し、その中で『その子の好きな・その子に合ったもの』を見つける」学齢期になったら「自分の『趣味・余暇スキル』を本格的にアップする」ことができるよう工夫されています。

グループ構成は、以下のとおりです。子どもたちの「将来のしあわせな暮らし」につながることを願いながら、土曜活動は、毎週にぎやかに実施されています。

ぱんだでは


○小3〜高3までのお子さんが対象
1グループ4〜8名の少人数制で構成します。

○グループ
年齢や課題が近いお子さんたち、友人同士で協力・助け合いしながら活動しています。

スポーツ活動


集団で楽しむスポーツ。身体を動かす楽しさ体感する。スポーツ全般への興味関心を高められるよう、他の競技の体験や観戦なども取り入れ、スポーツを楽しむ力をつける活動。


アート活動


集団で行う絵画・書道・工作などの製作活動。達成感のもてる作品で創作意欲を高め、幅広いジャンルに挑戦し、興味関心の幅を広げ、アートを楽しむ力をつける活動。


クッキング


集団で協力して行う調理活動。毎回、みんなで話し合いをし、メニューを決定。役割分担も自分たちで決めて、買い物から調理、片付けまでを行う活動。


ぱんだの土曜日は集団での活動。言葉でコミュニケーションが可能なお子さんが対象となります。

お問合せ先


<ぴーすの児童デイぱんだ>
【運営】特定非営利活動法人 ぴーす
【所在地】〒591-8032 大阪府堺市北区百舌鳥梅町3-39-19
【電話】072-250-0626